類義語検索 ※類義語検索は検索語を1語のみ入力してください
最終更新日: 2024/05/31
保険・年金 > 後期高齢者医療
1年間の医療費と介護サービスの支払い合計が、高額となった場合について(高額医療・高額介護合算療養費)【後期高齢者】
同じ世帯で、後期高齢者医療の自己負担額と介護サービスの利用者負担の両方で自己負担が発生している場合に、その両方の自己負担額の合計額が、基準金額を超えた金額について高額医療・介護合算療養費として支給されます。
計算期間は、毎年8月1日から翌年7月31日の12ケ月となります。
その場合の自己負担限度額は、対象期間が4ヶ月長いため、通常より高い限度額となります。
申請については、自己申告となりますのでご注意ください。

【問合せ先】国民健康保険課給付・後期チーム(本館1階)直通番号072−674−7079

ID0981
担当部局 健康福祉部 / 国民健康保険課
電話番号 072-674-7072
Q&A ID 981
お困りごとが解決しなかった場合は
下記よりお問い合わせください
関連する質問

限度額適用認定証及び、限度額適用・標準負担額減額認定証の更新手続きは必要ですか【後期高齢者】
一定の障がいとは、どの程度の状態をさすのですか?【後期高齢者】
障がい認定を撤回すると、障がい年金や障がい者手帳はどうなるのですか?【後期高齢者】
後期高齢者医療被保険者証について教えてください。【後期高齢者】
医療機関の窓口で支払う自己負担の割合はどうなるのですか?【後期高齢者】

消防・救急・防災(5)

消防・救急・防災(5)

その他(1)

その他(1)
Copyright(C) TAKATSUKI CITY All rights reserver
Copyright(C) TAKATSUKI CITY All rights reserver