類義語検索 ※類義語検索は検索語を1語のみ入力してください
最終更新日: 2024/05/31
保険・年金 > 後期高齢者医療
障がい認定を受けずに現在加入している国民健康保険等に残る場合と後期高齢者医療制度に移行する場合とでは、何が違うのですか?
●保険料
現在、国民健康保険や被用者保険に加入されている方は、現在お支払いの保険料が後期高齢者医療保険料に切り替わり、被保険者個々にお支払いいただきます。
なお、被用者保険の被扶養者の方は、現在加入している健康保険料の負担はありませんが、後期高齢者医療制度に加入すると、新たに保険料をご負担いただくことになります。

●医療機関での窓口負担割合
後期高齢者医療制度に加入した場合、1割負担、一定以上の所得者は2割負担、現役並み所得者は3割負担となります。
※後期高齢者医療制度以外で1割負担が適用されることはありません。国民健康保険の場合、65歳から69歳の方は3割負担、70歳から74歳の方は2割負担(現役並み所得者は3割)のいずれかとなります。

【問合せ先】国民健康保険課給付・後期チーム(本館1階)直通番号072-674-7079

ID0963
担当部局 健康福祉部 / 国民健康保険課
電話番号 072-674-7072
Q&A ID 963
お困りごとが解決しなかった場合は
下記よりお問い合わせください
関連する質問

加入や脱退の手続きについて教えてください。【後期高齢者】
障がい認定を撤回すると、障がい年金や障がい者手帳はどうなるのですか?【後期高齢者】
医療機関の窓口で支払う自己負担の割合はどうなるのですか?【後期高齢者】
後期高齢者医療被保険者証について教えてください。【後期高齢者】
一定の障がいとは、どの程度の状態をさすのですか?【後期高齢者】

消防・救急・防災(5)

消防・救急・防災(5)

その他(1)

その他(1)
Copyright(C) TAKATSUKI CITY All rights reserver
Copyright(C) TAKATSUKI CITY All rights reserver