類義語検索 ※類義語検索は検索語を1語のみ入力してください
最終更新日: 2015/05/29
消防・救急・防災 > 危機管理
大雨や台風の時に避難するときは、どのようなことに気をつけたらいいですか?
◆避難行動
水害や土砂災害の避難行動は、ためらわず災害リスクのない安全な場所へ早めに「立ち退き避難」することが基本です。
また、浸水しない自宅の上階への避難や上階に留まる「屋内安全確保」により身の安全を確保することも有効です。
立ち退き避難を行う必要があるにもかかわらず、適切なタイミングで避難することができなかった場合などは、少しでも浸水しにくい高い場所やがけから離れた場所に避難し、身の安全を可能な限り確保する「緊急安全確保」を行ってください。

◆避難の心得
(避難は原則徒歩で)普通自動車は約30cmの浸水で走行困難になります。
浸水時、自動車での避難は危険です。避難は原則徒歩で。
(浸水時に長靴は厳禁)避難には運動靴が最適です。
長靴は水が入ると歩けなくなります。
動きやすい服装で避難しましょう。
(防災メモを持とう)高齢者や子どもは、事前に住所、氏名、連絡先などを記載したメモを用意し、身につけて避難しましょう。
(集団で助け合おう)単独での行動は避け、近所の人たちと集団で決められた場所へ避難しましょう。
(安全なルートで避難)避難場所への経路は、川沿いや地下歩道などは避け、できるだけ安全な広い道を選びましょう。
(アンダーパス)大雨・洪水などにより、アンダーパスの道路は真っ先に冠水していまいます。
もしものときに備えて迂回路を確認しておきましょう。

ID1728
担当部局 危機管理室 / 危機管理室
電話番号 072-674-7314
Q&A ID 1728
お困りごとが解決しなかった場合は
下記よりお問い合わせください
関連する質問

大雨や地震などによる被害が発生したときの連絡先を教えてください。
災害用仮設トイレについて教えてください。
大雨や台風の接近に備えてどんな準備をしたらよいのですか?
地震で津波のときの避難ビルを教えてください。
全国の地震情報について教えてください。

消防・救急・防災(5)

消防・救急・防災(5)

その他(1)

その他(1)
Copyright(C) TAKATSUKI CITY All rights reserver
Copyright(C) TAKATSUKI CITY All rights reserver