類義語検索 ※類義語検索は検索語を1語のみ入力してください
最終更新日: 2011/03/24
都市整備・産業 > 下水道
貸付・助成は供用開始後3年以内に改造工事をすることが要件になっていますが、なぜですか。
下水道法では、告示後3年の間にくみ取便所を水洗便所に改造することが義務づけられています(下水道法第11条の3)。
浄化槽を設けているものは遅滞なく改造工事をすることになっています。

そこで、できる限り早く、遅くとも3年以内には改造工事を行っていただくように
「3年以内の改造工事」を助成・貸付の要件としています。



ID2090
担当部局 都市創造部 / 下水河川企画課
電話番号 072-674-7432
Q&A ID 2090
お困りごとが解決しなかった場合は
下記よりお問い合わせください
関連する質問

井戸水を使用する場合、下水道使用料はどうなるのですか?
下水道管が、詰まったときはどうすれば良いですか。
水洗便所改造の助成金・貸付金制度を利用する場合、申請の手続きはどうするのですか?
「敷地内の排水設備の点検、清掃をします」と業者の訪問を受けましたが、市と関係があるのですか。
引越しをするのですが下水道使用料の関係はどこに連絡をすればいいのですか?

消防・救急・防災(5)

消防・救急・防災(5)

その他(1)

その他(1)
Copyright(C) TAKATSUKI CITY All rights reserver
Copyright(C) TAKATSUKI CITY All rights reserver