高槻市コールセンター Q&A よくある質問集

 ライフイベントから探す


 カテゴリから探す


    (類義語検索は検索語を1語のみ入力してください。)


  Q&A詳細

最終更新日:2019/08/12

Q&A ID        FAQ000060000
カテゴリ 保険・年金 / 国民健康保険
ライフイベント 出産
質問
国民健康保険の出産育児一時金制度について教えてください。【国民健康保険課 給付チーム】
回答

<出産育児一時金制度>国民健康保険に加入されている方が出産(妊娠85日以上の出産で、死産、流産を含みます。)されたときに支給されます。
ただし、他の健康保険からこれに相当する給付が受けられる場合を除きます。

【支給金額】
出産児1人につき42万円(産科医療補償制度の対象となる場合)です。
ただし、産科医療補償制度の対象とならない場合は40万4千円となります。

【手続方法】
○病院等での手続(直接支払制度の利用)
病院等で手続をすることで出産育児一時金が国民健康保険から病院等へ直接支払われる制度(「直接支払制度」といいます。)
この制度を利用された場合、病院等の窓口での出産費用のお支払は出産育児一時金を超えた差額だけで済みます(出産費用より出産育児一時金が多い場合は差額の申請をしてください。)

○手続
次のいずれかの場合には、申請が必要です。
・出産費用より出産育児一時金が多い場合に差額を請求されるとき
・直接支払制度を利用されないとき
・海外で出産されたとき

○申請に必要なもの
・保険証 ・印かん ・世帯主の口座情報
・分娩機関等からの請求書又は領収明細書(直接支払制度の利用額の記載や産科医療補償制度の対象となることを示すスタンプの押印がされています。)
・分娩機関等からの分娩費用明細書
・分娩機関等との出産育児一時金の直接支払制度利用合意書(直接支払制度の利用の有無や申請先となる保険者が記載されています。)
※ 出産等の翌日から2年間が経過すると、時効により請求権が消滅しますのでご注意ください。

【申請・問合せ先】
国民健康保険課 給付チーム
直通番号072-674-7079
担当部局 健康福祉部 / 国民健康保険課(本館1階)
電話番号 072-674-7072

Web問い合わせ