高槻市コールセンター Q&A よくある質問集

 ライフイベントから探す


 カテゴリから探す


    (類義語検索は検索語を1語のみ入力してください。)


  Q&A詳細

最終更新日:2019/08/12

Q&A ID        FAQ000053900
カテゴリ 福祉 / 高齢者
質問
緊急通報装置の貸出について教えてください。
回答
65歳以上の在宅の高齢者等で、日常的に病気や体調不良などにより緊急時の連絡が困難な方を対象に緊急通報装置を設置します。65歳以上の一人暮らしの方で希望する方は、あわせて、生活リズムの乱れを体温により感知する熱感知センサーを設置することが可能です。

通報は市の委託業者に届き、状況に応じて、消防署や警察に救助要請を行うほか、協力員への連絡や援助員を出動させます。通信回線にアナログ回線以外を利用されている方は、承諾書が必要となります。

日中等ひとり暮らし世帯の方は申立書が必要となります。

※利用にあたっては協力員が必ず1名必要です。必要に応じて、家の様子を見に行っていただいたり、通報を受けて出動した援助員が玄関の鍵を開けるときに立会いをお願いしたりします。可能な限り、近隣の方に協力してもらってください。

利用料については、生計中心者の市民税所得割額が課税の場合、緊急通報装置は、月に1,020円、熱感知センサーは。月に834円になります。なお、非課税の場合、無料になります。

申請書の他に、玄関の合鍵1個(委託業者に預けます)、生計中心者の現年分の市民税所得割額を確認できる書類(市民税の納税通知書または課税証明書)が必要です。

【提出書類】
市町村民税の納税通知書または課税証明書等
担当部局 健康福祉部 / 長寿介護課
電話番号 072-674-7166

Web問い合わせ